BLOG

ブログ

様々なシーンで黒染めをしなくてはいけない・・・皆さんも一度はそんな機会があったのではないでしょうか。

一言で黒染めと言っても、前述のとおり種類も方法も色々あり、明るくしたいときに選択できる方法も、

それらに合わせてチョイスしなければいけません。

落ちやすい染料の場合は、難易度はさほど難しくはありませんが、

サロンにご来店いただくお客様の大半は、しっかりと染まった黒染めの場合が多いですね。

 

 

【対処法】

1 何もしないで自然に退色していくのを待つ

2 ブリーチをして黒染めの染料と地毛のメラニンも飛ばしてしまってから、希望の染料(カラー剤etc)でそめる

3 通常のカラー剤で明るくできるところまでトーンアップする

4 脱染剤(ティントコントロール)で黒染めの染料のみ落とし希望の染料(カラー剤etc)で染める

いろいろやり方がありますが、ブリーチに関しては最終手段だと思います。

ブリーチすればだいたいは抜けますが、黒染めが濃く残っていたり染めて間もないと赤っぽさが残ってしまう場合もあります・・・

黒染め落としを考えてる方は、担当スタイリストさんと良くカウンセリングをしてくださいね♪

決して自分でやろうと考えないでください!!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。